令和・・・ですか・・・。

元号が変わった・・・そうですね・・・。

昭和から平成に変わった時のようなザワザワした感じは、あんまり感じませんが・・・?

まあ人それぞれでしょうから、どうでも良いっちゃ、どうでも良いですねww

さてそんな世相とは関係ない投稿になりますが、今年から本格?始動しだした我らのバンドプロジェクトもなかなか思うように進展せず、微妙にヤキモキする今日この頃w

そうはいっても出来ることをコツコツやっていくしかないのが現状なので、ひたすら色々努力してくのみ・・。

そんな中で自身のギターサウンドも模索する中、Ibanez Nutube TUBE SCREAMER(以後、NTS)をボード(すのこw)に組み込んだ。

元々TUBE SCREAMER MINI(以後、TS MINI)を使用していて、特に不満はなかったのだが、Nutubeに対しての『興味』といった欲求に逆らえなかったというのが正直なところww

いや、そんなことはどうでもよくって、とにかく素晴らしいの一言!!

普通に従来のTSの音も出るし、MIXダイヤルの設定具合でこれまでのTSとは歪みの度合いが違う、よりハイゲインな印象w

いや、確かにそういうこともあるが、そんなことが細かいことに思える、より人間の感覚的な部分にダイレクトに響くものがあるw

無論、自分個人の感覚的な感想になるが、パッと聴きはあくまでTSのそれなんだけど、音の立体感やら残響感やら弾けば弾くほど違った印象を受ける。

やはりNutubeの効果が効いてるのかな〜〜。

更に18Vで使用すると、より深みが増すというか、音の解像度がもう一段上がる気がする。

しかも使用するアンプやギターを選ばない感じで、とりあえずマーシャル1987x 50w、ブギー デュアルレクチ、VOX AC30HW、FENDER TONE MASTERの4機種をレスポールやら、ストラトやらで試したが、どれも良い具合にアンプをプッシュしてくれるし、また某メーカーにあるような接続時の妙なバッファー感もない。

他のエフェクターとの相性も特に違和感を覚えるようなことはなく、何だろう?、ぶっちゃけ非の打ち所がない。

いやほんと特別TSというブランド?に愛着があったというわけでもなくて、とりあえずストラト&マーシャルに合うオーヴァードライブとしてたまたまTS MINIを使用していただけだったのが、なんかもう今は何は無くともこれ!といった感じw

まあ技術的なことは全くわからないが、もし自分が感じた感覚がNutubeに起因するものであれば、今後のNutubeの進化に期待大ですw

もしEL34菅や6L6菅と似た特性を持ったNutubeが開発されたりしたら、これまでのチューブアンプの歴史が変わるかも・・・・ね・・・w

新年明けま・・・って、もう3月w

新年の挨拶を書こう書こうと思いつつ、

無情にも時は経ち・・・。

遅まきながら、今年もヨロシクお願いしますw

んでもって、年賀状のネタをちょこちょこイジってレンダリングし直してみた。

が、クオリティを上げるための時間はなかったので

イノシシ?の目玉周りと耳の形状を触った程度でアングルを変えただけってのが

正直なところw

ほんとはね〜、メインのイノシシの外観を二頭身キャラに見合う「ウリ坊」に

しようと思ってたんだけど、そうすると牙がおかしくなるし、

かといって、牙を取っ払うと『イノシシ感』がなくなる・・・w

で、これやってた年末は何かと忙しく、こいつに費やせる時間がなかったのですよw

なので、自分の考える『イノシシ感』を残す方を選択したというわけorz

今年はもう少しCGネタが出せればいいな〜なんて思いつつ、日常に忙殺されていく・・・・・・・・

頑張ろww

2018年ももうお終亥・・・w

久々の更新ながら、今年最後の投稿となりましたw

12月初めは結構暇だったので、数年ぶりに年賀状のネタを3Dでやってみようかと意気込んではみたものの、結局その後忙しくなってしまい、「どうしようか?」と悩んだのだが、時間の許す範囲で3Dでネタを作ったorz

いやはや作品のそれはまるで”初心者”のような仕上がりにメッチャ落胆してみたものの、当然やり直す時間もないし、とりあえず「開き直る」ことにしたw

ので、当方から年賀状を受け取ってくださる皆様には、あくまで「ネタ」として受け流していただきたい・・・ハ・ハ・ハ・・・。

いや、見た目はどうであれ、発送した年賀状には日頃からの目一杯の感謝と受け取り先の幸福を願う気持ちを込めてるので、きっと喜んでくれるに違いない!!(^◇^;)

とにかく、また来年も頑張りましょ〜〜〜〜!

それでは、皆様、良いお年を!!!!!

ピックアップを交換w

普段はあんま活躍の場のない古参のESPギター。

長らくEMGのピックアップを取り付けてたんだが、制作当初に付けていたダンカンのJBに交換してみた。

っても、このJB、もともと4芯仕様を2芯仕様に改造したものw

まあちょっとした仕様変更なんで、どこまで出音に影響あるかは定かじゃないんだが・・・。

しかしながら、使用していなかった期間があまりに長期だったので、実際「音が出る。」かも不安だったのだが、とりあえず普通に使用可能でひと安心・・w

で、音が出るには出たのだけど、この音がまたチョ〜〜ショボイorz

やっぱギターってつくづく”生き物”だなあと思う。

ギターのボディもピックアップも常に弦振動を与えてないと、どんどん出音が悪くなる。

とにかくこのまま諦めるのもなんなんで、暇を見つけてはひたすら弾き込んでると、徐々に息吹を吹き返すが如く、また散漫していたものが一つにまとまるが如く・・・・・( 本当のとこは、耳が慣れてっただけなんかもだけど(^_^;) )。

何とか”らしく”なってきた気がするので、今後はもちょっとこいつを愛でる時間を増やしていければなあ〜〜〜〜・・・・。

SGの帰還。

約一年ほど前にリペアに出していたうちのSGを引き取りに行ってきた。

リペアの内容としては、フレット打ち換え、ナット、チューナーペグ、ブリッジサドルのコマの交換とそれに伴う各部の調整で、通常であれば到底一年もかかるようなものではないのだけど、いつもお世話になっている方が、作業依頼中に体調不良になってしまったため、結局作業終了に到るまでに一年を要した・・・・っと・・・。

 

もともと電装系はイジってないので出音の変化はないのだけど、部分的に”音痴”だった箇所は改善され、全体的なバランスは以前より良くなったと思う。

 

いや〜、それにしてもSGっていい音だな〜( ´ ▽ ` )

特にこいつについてるバーストバッカーってピックアップが、同社の57classicピックアップよりも若干トレブル強めのAC/DCみたいなロックサウンドにドンピシャ?なドライブサウンドを奏でてくれる。(気がする・・w)

 

よくピックアップの直流抵抗値が話題にはなるけど、やっぱマグネットのアルニコの種類も大事な要素のような気がするな〜〜。

個人的には、初期エディ(ヴァンヘイレン)の俗にいう『ブラウンサウンド』ってのが、目指すギターサウンドの一つなんだけど、昔から通説になっているギブソンのES335のピックアップをストラトに移植したってのがあるんだが、きっとそうなんだろうな〜と思わせる音が、ギブソンのピックアップからは出てくる。

ダンカンやディマジオも悪くはないんだけど、あくまで私感ではあるが、アンプ直でのハムバッカーの音は、ギブソンのが一番だなあ〜。

 

なんてことを言いつつも、shurのピックアップとか結構興味があったりする・・・w

 

あ、あとツベで観たIbanezの70年代のギブソンのコピーにも最近興味がある・・。

 

あれ?話が逸れてる(⌒-⌒; )

 

 

 

スターウォーズ『最後のジェダイ』を視聴して・・・。

久しぶりに映画でも観ようかと、初めて劇場公開を見逃したスターウォーズ『最後のジェダイ』を円盤を購入して視聴した。

 

もう何ていうか「落胆」の一言に尽きる。

シリーズ物でこれほど次回作に興味のわかない作品は、未だかつてなかったってくらいひどかった。

まず二作目にも関わらず、相変わらずキャラが弱い。

旧作と比べちゃいけないんだろうけど、これまでのエピソード2、5では、各シリーズに登場するキャラクターの内面を掘り下げ、次に繋がる展開へとジャンプするための方向づけになるような展開があり、それでいて映画単体での見せ場もしっかりとある、というようなものだったのだけど・・・・何だかね〜〜〜〜〜w

もうね、『スターウォーズ』っていう作品云々を抜きにして、ただのSF映画としてもつまらなさすぎた。

ノベライズの方には、結構しっかりとした謎解きが書かれているらいしいのだが、いやあ、それ映像にすべきでしょ!?って思いますよね〜。

今三部作においてのミステリーな部分に関しては、明確な解答はなし。

スノークさんなんかに至っては、ストーリーテリング上必要だったのか?と思うほど簡単に途中退場w

(ま、これに関しては本当に本物が死んでるかはわからんけど・・・w)

まあ監督自身が、とあるインタビューで述べていたルークを消すためのストーリーってのは分かるけど、新しい要素を際立たせるためとはいえ、本当今回のような結末で果たしてよかったのだろうか?とモヤモヤはつのるばかり・・・・。

 

新規の顧客はそりゃ〜必要やけど、古参のファンを切り捨てる必要まであるのか?と感じさせられた。

「ルーク共々、今まで有難う、お疲れっした〜〜〜」みたいなね・・・。

なんか日本のアニメの宇宙戦艦ヤマトのリメイクにも似た感じを受ける。

いやね〜、どれだけヴィジュアル、キャラクター、各設定等を変更しようが、そんなことはどうでもいい。ただ旧来の作品を観たときの『ワクワク感』とか、そもそもその作品が持ってる根底的なテーマとかは変えるべきではないと思うんだけどね〜。

だって楽曲のカバーとかで原曲が何かが、どこか聴いてくれる人に分かってくれるくらいのアレンジにしないと、それはリメイクとかカバーの域を超えてしまうし、そもそも原曲のイメージを必要としないのならば、カバーやリメイクとしての意味がなくなって、それはもうオリジナルってことでいいじゃんってことになってしまう気がするんだけどね〜〜。

ま、その良し悪しは、聴く人観る人それぞれが判断すればいいだけの話でしょ?って言われたらそれまでなんスけどね(^_^;)