SGの帰還。

約一年ほど前にリペアに出していたうちのSGを引き取りに行ってきた。

リペアの内容としては、フレット打ち換え、ナット、チューナーペグ、ブリッジサドルのコマの交換とそれに伴う各部の調整で、通常であれば到底一年もかかるようなものではないのだけど、いつもお世話になっている方が、作業依頼中に体調不良になってしまったため、結局作業終了に到るまでに一年を要した・・・・っと・・・。

 

もともと電装系はイジってないので出音の変化はないのだけど、部分的に”音痴”だった箇所は改善され、全体的なバランスは以前より良くなったと思う。

 

いや〜、それにしてもSGっていい音だな〜( ´ ▽ ` )

特にこいつについてるバーストバッカーってピックアップが、同社の57classicピックアップよりも若干トレブル強めのAC/DCみたいなロックサウンドにドンピシャ?なドライブサウンドを奏でてくれる。(気がする・・w)

 

よくピックアップの直流抵抗値が話題にはなるけど、やっぱマグネットのアルニコの種類も大事な要素のような気がするな〜〜。

個人的には、初期エディ(ヴァンヘイレン)の俗にいう『ブラウンサウンド』ってのが、目指すギターサウンドの一つなんだけど、昔から通説になっているギブソンのES335のピックアップをストラトに移植したってのがあるんだが、きっとそうなんだろうな〜と思わせる音が、ギブソンのピックアップからは出てくる。

ダンカンやディマジオも悪くはないんだけど、あくまで私感ではあるが、アンプ直でのハムバッカーの音は、ギブソンのが一番だなあ〜。

 

なんてことを言いつつも、shurのピックアップとか結構興味があったりする・・・w

 

あ、あとツベで観たIbanezの70年代のギブソンのコピーにも最近興味がある・・。

 

あれ?話が逸れてる(⌒-⌒; )

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください